シュノーケリングの注意事項

沖縄と言えばキレイな海をイメージしますが、マリンスポーツにも人気があります。
あの青くキレイな海でするスポーツ、最高の気分ではないでしょうか。
マリンスポーツと言えばシュノーケリングが有名ですが、ここではいくつか注意点を紹介します。

・注意点1「水圧」

シュノーケリングは初心者でもできるスポーツとして人気がありますが、初心者の方は水圧に注意してください。
実際に行うのは浅瀬が多いですが、たとえ浅瀬とは言っても、海の中ですのである程度の水圧がかかります。
そのまま放置しておくと耳が圧迫されて、痛みを伴うことがあります。
人によって痛みの程度は異なりますが、かなり痛みを感じる人もいるようです。
そのようなことが起きないためにも、耳抜きのうテクニックをマスターしておきましょう。
耳抜きには様々な方法がありますが、一般的なのは次の方法です。
まず鼻をつまんで口を閉じ、その後、鼻からゆっくりと息を出します。
この方法を身につけて事前に練習しておくと、当日は気軽に楽しむことができます。

・注意点2「口呼吸」

シュノーケリングで注意する2つ目のポイントは、口呼吸になります。
このスポーツではマスクを使用しますが、実際に使用するモノは、鼻すべてがすっぽりと覆われてしまいます。
そのため海中では、口にくわえた呼吸器を使用して息継ぎを行うことになります。
言葉で言うのは簡単ですが、実際は、ある程度の慣れが必要です。
これからシュノーケルやマスクを購入する方は、お風呂に入る際に練習してみるといいでしょう。
ここで大切なのは、口の中に水が入らないことですので、沖縄に行く前にしっかり練習しておきましょう。
練習すれば慣れますので、本番前にコツを掴んでおいてください。

・注意事項を確認しておきましょう

沖縄のキレイに海で楽しめるシュノーケリング、まだ経験がない方はこの機会にプレイしてみてはいかがでしょうか。
初心者でも簡単にできるのが特徴ですが、プレイ前は上記で紹介した事項に注意してください。

関連する記事

Back to Top