ダイビングを行う際のポイント

マリンスポーツとして人気があるダイビング、沖縄の海でも満喫できます。
しかし、プレイ場所が海中ですので、予期せぬことが起こってしまうことがあります。
ここでは、ダイビングを行う際のポイントを紹介します。

・危険防止について

沖縄の海でダイビングを行う際は、周囲確認を怠らないでください。
ダイビングしている最中は、なにかと夢中になりがちです。
みなさんが写真好きのダイバーであれば、海中ではきっと撮影に夢中になるはずです。
また、魚たちにエサをあげていて、周囲のことはあまり見ないダイバーもいるかもしれません。
それはそれで問題ありませんが、あまり長くその状態を続けていると危険を生じてしまうことがあります。
ですので、写真を撮っていたりエサをあげていたりしていても、必ず定期的に周囲のことを確認してください。
その時間ですが、できれば1分ごとが理想です。
体験ダイビングコースのガイドさんは多くのダイバーさんを引き連れており、必ず全員いるものと思っています。
もちろんガイドさんも定期的に確認はしていますが、視界の悪い海中であると見失うこともあります。
海中に潜った際は、必ず定期的に周囲を確認して、自分の状況を把握することが大切です。

・万が一見失った場合の対処法

海中では定期的に周囲を確認することが大切ですが、それでも仲間を見失うことがあります。
万が一、仲間を見失った際は、パニックにならないように焦らず対処してください。
この場合の基本的なルールは、最初にその場所に1分間停止し、周囲を見回します。
それで見つかることも多いですが、それでも誰も見つからない時は、その場で浮上してください。
これがショップの基本的なルールになりますので、しっかり確認しておくといいでしょう。
慌てないでしっかり対処することが大切です。

・ポイントを押さえておきましょう

沖縄の海でダイビングを予定している方もいるでしょう。
沖縄の海でダイビングをする際は、基本的なポイントを押さえておきましょう。
これはショップでも注意がありますので、しっかり聞いておいてください。

関連する記事

Back to Top